屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】

家

家屋を長持ちさせるために

住宅の防水加工は、やがて効果が落ち雨漏りの原因になります。屋上のウレタン素材は紫外線や寒暖差の影響のため、6〜7年ごとにメンテナンスが必要です。シート防水は穴が開くと雨漏りの原因になります。FRP防水は割れると下地から施工し直す必要があります。業者への依頼は見積もりを出してもらいましょう。

最新記事一覧

特徴を理解して材料を選ぶ

作業員

使う場所によって変わる

屋上は紫外線や風雨、ホコリなどで耐久性が損なわれ水漏れの原因になります。そこで建築時に防水工事をしっかり施すことが大切です。屋上の防水対策にはいくつか材料があります。まずウレタン防水ですが防水材を流し込み乾燥させてから伸縮率の高いゴム状の物質になります。これによ地震の揺れから発生するずれやひび割れを抑えることができます。またシームレスな出来上がりのため、一般のシート防水のような継ぎ目から水漏れが起きません。次にアクリル防水ですが、折板屋根からトタン屋根、金属屋根でも防水が期待できるのです。この素材は下地を選ばず、改修工事などに最適で、コストも安い点が特徴です。屋上の防水には他にFRP方法があります。この素材は車のエアロやプロテクターにも使用される素材です。防水材にはガラスマットのような細かな繊維が入っているので、ひび割れなどが出にくいのです。ベランダや木造住宅などにも使われています。この素材は屋上を改修する時はトップコートだけで済むのが特徴です。他にも防水方はありますので、ポイントは予算をもとに業者と綿密に話し合って工事を進めましょう。特に改修工事は資格を持った専門業者に任せましょう。口コミを参考にいくつか業者を選び、見積もりを出してもらい、比較検討しましょう。実績ある業者であれば状況や環境に応じた適切な工事を提案してくれます。またせっかく改修してもらっても不備があった場合のアフターケアもしてくれる業者を選びましょう。

作業員

雨漏り防止のメンテナンス

屋上のある住宅が増えていますが、定期的なメンテナンスが必要です。防水工事の箇所は経年劣化するので、放置しておくと雨漏りの原因になります。業者を選ぶ時は室外工事も室内工事もできる専門業者を選びます。ホームページで施工実績を確かめるようにします。複数の業者に見積もりを出してもらって、その中から選びます。

屋上

住居の寿命を伸ばすために

屋上の防水工事をすると雨水が内部に染み込んで来るのを防ぎ、住居の耐久性を損ないません。ウレタンやシート、アスファルト、FRP、を材料に使う施工方法があり、施工をすることで約10年は防水機能を高められます。

住宅

建物を守る

防水工事を行うことは建物の寿命をのばすと同時に、快適な居住空間の確保にもつながります。屋上の防水工事には、材料や工期などによっても異なり、それぞれにメリットとデメリットがあるので、専門業者へ相談してより良い方法で行う必要があります。

作業員

施工内容で費用は違う

屋上の防水加工工事には様々な種類があります。ウレタンやシート、FRP、アスファルトなどが挙げられます。それぞれ費用や特徴は異なるので、業者と相談の上、選択しましょう。また、1平米あたりで料金が決められています。

Copyright© 2018 屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】 All Rights Reserved.