屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】

最新記事一覧

住居の寿命を伸ばすために

屋上

雨水の侵入を防ぐ

住居の寿命を伸ばすためにさまざまな対策が取られていますが、その中のひとつに屋上の防水加工があります。住居への雨水の侵入経路には外界と接している壁やバルコニー、ベランダなどが考えられますが一番対策が必要なのは屋上です。屋上は直射日光を浴びることもあり、住居を守るためにもしっかりとした対策を取らないといけません。屋上の防水工事をしっかりと行うことで雨水の侵入を防げるため、内部に使われている鉄骨や柱や梁が腐食から守れます。建物を支える重要な部分を守ることができるので、住居をいい状態に保つことができます。では防水加工の種類にはどんなものがあるかというと、シート、ウレタン、FRP、アスファルトを用いる工法があります。これらの防水加工をすることで、住居の耐水性能を向上させて10年は住居への雨水の侵入を防げるでしょう。それぞれに長所がありシート防水は工事も簡単で時間がかからず、塩化ビニール樹脂やゴムなどの素材を貼り付ける施工法になります。ウレタン防水は液状をしている樹脂を塗布する工法で、軽量で形状が複雑な場所でも施工できるのが良い点です。FRPは幅広く使われている工法で強度があり、耐水性も高く成形もしやすいです。アスファルト防水は古くから行われている施工方法で高い信頼性があり、アスファルトを合成繊維不織布に含ませて、これで屋上をコーティングします。自宅に住み始めてから一度も防水工事をしていないといった方は、快適な居住空間を守るためにも一度施工業者に相談してみるといいでしょう。

Copyright© 2018 屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】 All Rights Reserved.