屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】

最新記事一覧

施工内容で費用は違う

作業員

施工種類を確認しよう

リフォーム工事を行なう場合、どこをどのようにしたいのか目的を明確にしてから業者に頼みましょう。よく依頼される箇所としては屋根や屋上の防水加工工事が挙げられます。最近は三階建ての戸建ても増えてきており、屋上のある住宅もあることでしょう。屋上に洗濯物を干す家庭もたくさんあります。しかし、屋上に防水加工をしていないとその下の部屋に雨漏りしてしまうこともあるのです。そこで、屋上の防水加工をする必要があるというわけです。その施工方法はいくつか種類があります。種類によって費用も異なるので調べてみましょう。代表的なものとしては三つ挙げられます。ウレタンとシートとFRPです。それぞれ特徴もあるので、どのタイプがいいのか業者とも相談して決めましょう。それから、屋上の規模によっても費用は異なります。防水加工工事の費用の決め方は単純です。1平米あたりいくらというように単価が決められているのです。材料によって費用は異なりますが、目安としては1平米あたり7千円から9千円に設定している業者が多いです。このように料金表が明確な業者に依頼しましょう。また、それぞれの種類がどこの防水加工に適しているのか、その点も調べておいた方がいいかもしれません。ウレタンはどんなところにも適応していますが、シートは屋上やベランダに適していると言われています。FRPはベランダ向けです。他にはアスファルトも屋上に適した防水加工の一つと言われています。

Copyright© 2018 屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】 All Rights Reserved.