屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】

最新記事一覧

家屋を長持ちさせるために

家

定期的にメンテナンスを

住宅を建てる際、屋根に防水加工をしていれば安心だと思うことでしょう。雨漏りを防ぐことは、家屋を長持ちさせることにつながるからです。しかし、経年劣化によりやがて防水加工の効果は落ちるものです。すると雨漏りの原因になるので、柱や梁の傷み、腐食につながります。鉄筋の場合は錆びてしまうのです。屋根や屋上のメンテナンスは、定期的に受けた方がいいでしょう。そうすれば、家屋の寿命を伸ばすことができるのです。ちなみに、使われている素材によって、寿命は異なります。屋上にウレタンで防水加工がされた場合は、10年から13年程度が寿命です。屋上は常に紫外線にさらされており、冬や夏の寒暖差のせいでウレタンは劣化します。できることなら、6年から7年ごとにメンテナンスをするといいでしょう。ゴムや塩化ビニールによるシート防水は、12年から15年程度が寿命です。基本的に10年以上はメンテナンスは不要とされていますが、もし穴があけば雨漏りするので注意が必要です。FRP防水は、10年から13年程度が寿命で、耐水性や耐蝕性に優れています。しかし、万が一割れた場合は下地から施工する必要があるため、しっかりメンテナンスしないといけません。日頃から屋上をチェックするなど、自分でも点検をするといいでしょう。メンテナンスや新たに防水加工を依頼する場合、素材や面積、工法によって費用は変わります。しっかりと業者に見積もり依頼をし、内訳も把握するようにしましょう。

Copyright© 2018 屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】 All Rights Reserved.