屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】

最新記事一覧

建物を守る

住宅

工事を行う目的

日本においては、夢のマイホームと言われているくらいに家の購入は人生において大きな買い物の一つです。地震大国である日本では、近年耐震住宅が特に注目されていて、その他にも高気密住宅や断熱性能が高い住宅などが求められています。また、マンション等の共同住宅においては耐震性能や免震構造など丈夫な作りとなっていて、様々な工法があります。リフォームにおいては、やはり同様のことが求められていて、建築年数が経過している住宅では防水工事の必要もあります。防水工事は、主に鉄筋コンクリート構造建物や構造物の屋上などにおいて経年劣化による漏水が見られている場合に行われている工事です。この工事を行うことにより建物や構造物を雨、雪、紫外線等から守り長い期間に渡り保護することができ、住宅等の寿命をのばすことが出来ます。コンクリート構造の建物では、屋上のスペースが平らになっていて排水溝設置してあり、そこから雨水を排水させるという構造になっています。しかし、経年劣化により防水効果もなくなり雨漏りが発生していることもあり、その場合では屋上の防水工事が最も有効な手段となります。屋上防水工事には、工法によりいくつかの方法がありそれぞれにメリットとデメリットがあります。使われている素材やその目的などによっても工法が異なり、メンテナンスや施工期間など様々となっているために、専門業者へ相談する必要があると考えます。防水工事を行うことは建物の寿命をのばすと同時に、快適な居住空間の確保にもつながります。

Copyright© 2018 屋上の防水加工がとても大切【トップコートだけで済む】 All Rights Reserved.